【窓リフォーム】|内窓・窓交換で寒さと結露の悩みを解決!

部屋を暖めてもすぐに寒くなる。冬になると光熱費が跳ね上がる。

会津の冬は寒いもの。だから仕方がない...。お家でのそんな困り事はありませんか?

ちょっと待ったーっっ!!!その寒さ、逃れる方法があります。今回はそんな冷え対策のお話です。

それは「窓を変えて住まいの断熱性をアップ!」

冬、室内から逃げる熱の約58%は窓からといわれています。アルミサッシや1枚ガラスは熱を伝えやすく断熱性がほとんどないので、暖房の熱がどんどん逃げてしまうのです。

そこで、サッシとガラスを断熱性の高いものに変えれば、部屋そのものの断熱性能がグンと上がります。
 
たとえば樹脂のサッシは、熱伝導率がなんとアルミの1000分の1!アルミに比べて格段に熱が逃げにくくなります。

ガラスも、複層ガラスやトリプルガラスなど2枚以上のガラスを使ったタイプにすれば、ガラスとガラスの間にできる空気層が高い断熱効果を発揮します。

こうした断熱窓へ変えるリフォーム方法は主に3種類。

【サッシの交換】
既存の窓を解体撤去して、新しいサッシを入れる昔ながらの工法。外壁を壊す工程が必要なため解体の手間と2階以上になると足場の設置が必要になります。
窓リフォーム施工途中 サッシ交換1.jpg


【内窓の設置】
既存の窓の内側にもう1つ窓を設置するだけなので1時間から2時間程度で工事が完了します。
内窓の交換で防音と結露の対策.jpg
単純にサッシ構造が二重になるので暖かさと防音性能はこれが一番だと思います。ただし当たり前ですが窓を2回開けないと外に行けなかったり、換気ができません。


【カバー工法】
最近開発された工法です。既存のサッシ枠に新しいサッシをかぶせるだけの室内作業のみで取替えられます。カバー工法なら同じく1時間から2時間程度で工事が完了します。
カバー工法で結露対策.jpg
工事の流れ
1.ガラス戸を外す
2.新しいサッシを古いサッシにかぶせる
3.新しいガラス戸をつけて完成!

ただしデメリットとして、部材費が多いため金額が割高になる点と、少し窓サイズが小さくなる点が挙げられます。二階以上の窓交換を検討されている方は足場の費用と比較しながら検討するといいと思います。

リフォームをお考えの際は、それぞれの工法の良い点・悪い点をご理解いただいたうえで、最適なリフォーム方法を一緒に決定していただければと思います。
 
家守組では、皆さんのお家を末永く快適に過ごせるようお手伝いいたします。仕方がない、とずっと諦めているようなお家の困り事はありませんか?

雪国会津で培った知識と施工経験の豊富な職人たちが、お客様の生活スタイルやニーズに合わせたご提案をいたします。
お友だち登録はこちら