【耐震補強】|リフォームで地震に強い住まいに!

地震への備えとして、考えておきたい住まいの耐震。家族の安全のために、地震に強い家をつくりましょう。

今回の豆知識は、住まいの耐震強度を上げるいくつかの方法についてです。

【壁を強くする】
地震に強い家にするためには、強い壁がバランスよく配置されている必要があります。

壁が少ない、壁の配置が悪いといった場合、構造用合板で補強したり、壁に筋交いを入れたり、新しく壁を作ることで耐震性がアップします。

床や天井を壊さずに補強できる工法もあり、この方法なら費用を抑えることができます。
壁の耐震補強で地震に強い住まいにする.gif


【接合部をつなぎとめる】
地震の揺れによって柱が土台から抜けてしまわないように柱と土台がしっかり接合していることも重要です。

柱と土台をつなぎとめる金物を、建物の四隅や壁を強くしたところの柱につけて補強します。費用を安く抑えられる外付けタイプの金物もあります。


【基礎のひび割れは補修しておく】
基礎とは、文字通り建物を支える大切な基礎となるものです。その基礎にひび割れがあると、建物の重さを支えることができなくなるなど、建物の耐震性に大きくかかわります。

基礎のひび割れは放置せず、補修を行います。ひび割れの補修は比較的安価で、工事も2日程度と短期間ですみます。


【屋根を軽くする】
屋根を軽くすることも、耐震性を上げる有効な方法の一つです。屋根が重いとそれを支える壁の量が多く必要になるからです。金属屋根などの軽い屋根材に葺き替えることで、屋根の重量を減らせます。

家守組では、無料で住宅診断を承っております。間取りや屋根、築年数など、ご自宅の特徴に合わせた最適な補強方法を選ぶためにも是非ご利用ください。
お友だち登録はこちら