「ずっと元気」を支える介護リフォーム 転ばない住まいで安心・安全に

高齢になると、自宅での何気ない動作からの転倒事故が起こりやすくなります。今回は、転倒による怪我を防ぎ、元気に暮らすために大切なリフォーム豆知識です。

index.png


◆住宅内での事故を防ぐ
1081_16tenraku.jpg
<資料/リフォーム産業新聞>
住み慣れた家の中の障害物で、まず気を付けたいのが、小さな段差です。部屋と部屋の境目やドアの下の敷居などは、自宅で起きる転倒事故の上位にランクインしています。


index.jpg

3-070-1_2.jpg
<画像提供/TOTO>
高齢になると視力が低下してくるので、小さな段差ほど気付きにくく、すり足で歩くためにつまづきやすくなります。すり足で歩いて引っ掛かる場所には段差解消のスロープを設置するなどの対策が安全です。


◆日々の動作をサポートするリフォーム
写真 2017-08-11 13 57 14.jpg
階段や玄関の出入り口などの大きな段差は、つまづくと大けがにつながることもあります。上り下りや靴の脱ぎ履きでバランスを崩しやすい場所でもあるので、さっとつかめる手すりや椅子があると便利です。

立ちすわりや移動といった日々の動作をサポートすることで、転倒の危険性を大幅に減らすことができますね。転倒を未然に防ぐ家なら「ずっと元気」を支えてくれます。


お見積り無料!
リフォームのことならお気軽にご相談ください!
お問い合わせ・ご相談は株式会社家守組へ

■会津本社
〒969-3141
福島県耶麻郡猪苗代町磐里前田89-1
TEL 0242-23-7135(会津共通)

■若松事務所
〒965-0872
福島県会津若松市東栄町9-22
TEL 0242-23-7135(会津共通)

■郡山事務所
〒963-8023
福島県郡山市緑町9-12 co-ba koriyama内
TEL 024-927-0001


↓↓メールの方はこちらからどうぞ↓↓
お問合せフォーム

会津にお住まいの方会津在住の方
0242-23-7135
郡山にお住まいの方郡山在住の方
024-927-0001
お友だち登録はこちら